読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おんざまゆげ

"感受性マイノリティ男子"が綴る日々の雑記・雑感… 読書、映画、アニメの感想。

【小説】京極夏彦『死ねばいいのに』/去る者は日々に疎し… 誰も「あなた」を覚えていない。

読書 生きづらさ 雑記

 死んだ女のことを教えてくれないか。三箇月前、自宅マンションで何者かによって殺された鹿島亜佐美。突如現れた無礼な男が、彼女のことを私に尋ねる。私は彼女の何を知っていたというのだろう。交わらない会話の先に浮かび上がるのは、人とは思えぬほどの心の昏(くら)がり。極上のベストセラー。(Amazonより)

 

文庫版 死ねばいいのに (講談社文庫)

文庫版 死ねばいいのに (講談社文庫)

 

 

続きを読む

田中ひろみ『わたしがナースを辞めたわけ』/「白衣の天使」は天使じゃない!

読書 労働 雑記

「看護婦になって手に職を付けよう」そう簡単に考えた著者は、大阪の看護学校から東京の病院に就職した。そして希望の消化器内科に配属になったが…。

 当時その消化器内科は、「魔の病棟」と恐れられていたところだった。そこで彼女を待ち受けていたものは?  ドジでおまけに根性なし。叱られまくった新人ナースの、なぜか笑える病棟エピソード。 

Amazonより)

 

わたしがナースを辞めたわけ (知恵の森文庫)

わたしがナースを辞めたわけ (知恵の森文庫)

 
続きを読む

【小説】平野啓一郎『空白を満たしなさい』/「分人」という生き方

読書 生きづらさ 労働 個性 雑記

 ある日、勤務先の会社の会議室で目覚めた土屋徹生は、自分が3年前に死亡したことを知らされる。死因は「自殺」。しかし、愛する妻と幼い息子に恵まれ、新商品の開発に情熱を注いでいた当時の自分に自殺する理由など考えられない。

 じつは自分は殺されたのではないか。とすれば犯人は誰なのか、そして目的は? 記憶から失われた自らの死の謎を追求していく徹生が、やがてたどりついた真相とは…? ミステリー仕立てのストーリーを通し、自殺者3万人を超える現代の生と死、そして幸福の意味を問う傑作長編小説!

Amazonより)

 

空白を満たしなさい

空白を満たしなさい

 

 

続きを読む

【小説】小川勝己『彼岸の奴隷』/「社会派の鬼畜」小説

読書

 手と首を斬り落とされた女の死体が発見された。捜査一課の蒲生信昭は、所轄の刑事・和泉龍一と組み、捜査を開始する。だが、被害者の娘、大河内涼を見たとたん、和泉の様子がおかしくなる。和泉を疑い出した蒲生は、彼の過去を調べるが……。

 血と暴力に彩られたあらゆる罪悪が襲いかかる狂気のクライム・ノベル。鬼才・小川勝己が描く、救いのない、背徳的な快楽に満ちた世界から、あなたは抜け出せるか――。

Amazonより)

 

彼岸の奴隷 (角川文庫)

彼岸の奴隷 (角川文庫)

 

 

続きを読む

【漫画】倉田嘘『百合男子』/百合に命を懸ける男

百合 生きづらさ セクシュアリティ ジェンダー 読書 雑記

 一見イケメンな眼鏡男子高生・花寺啓介。普通に彼女とかいそうな彼なのだが、その正体は、少女同士の恋愛を主に描いた“百合”に萌えてしまう“百合男子”だったのだ・・・!! 

 百合が好きだ。しかしそこに男である自分は存在しない・・・いや、してはならない!!  そんな、多くの人々にとっては心の底からどうでもよすぎる苦悩を描いた、一人の男子の残念な成長物語。(Amazonより)

 

百合男子: 1 (百合姫コミックス)

百合男子: 1 (百合姫コミックス)

 
続きを読む

【漫画】水城せとな『窮鼠はチーズの夢を見る/俎上の鯉は二度跳ねる』/男同士の関係を迫られ…!?

純愛 生きづらさ セクシュアリティ ジェンダー 読書 雑記

 大学の後輩・今ヶ瀬との再会…。それは恭一の妻が彼に浮気調査を依頼したのがきっかけだった。浮気の事実を隠す代わりに、今ヶ瀬に男同士の関係を迫られ…!? 水城せとなの大人気作品が、新作書きおろしを加え、新装版で登場!! 限りなく切ないアダルト・ラブストーリー。

 

 少しくらい気持ちいいと感じてしまったって

 しようがないじゃないか……

 

 貴方みたいなノンケをどうにかするには

 こうやって既成事実作りながら外堀埋めて追い込むしか

 なかったんですよ

 実際それでズルズル落っこってきたし

 カラダにはそれなりの

 説得力があるんですよ

 

窮鼠はチーズの夢を見る (フラワーコミックスα)

窮鼠はチーズの夢を見る (フラワーコミックスα)

 
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスα)

俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスα)

 
続きを読む

【小説】遠藤周作『沈黙』/あの人は沈黙していたのではなかった…

読書 雑記 生きづらさ 映画

 島原の乱が鎮圧されて間もないころ、キリシタン禁制のあくまで厳しい日本に潜入したポルトガル司祭ロドリゴは、日本人信徒たちに加えられる残忍な拷問と悲惨な殉教のうめき声に接して苦悩し、ついに背教の淵に立たされる……。神の存在、背教の心理、西洋と日本の思想的断絶など、キリスト信仰の根源的な問題を衝き、〈神の沈黙〉という永遠の主題に切実な問いを投げかける書き下ろし長編。新潮文庫/1966年刊)

 

沈黙 (新潮文庫)

沈黙 (新潮文庫)

 

 

続きを読む