読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おんざまゆげ

"感受性マイノリティ男子"が綴る日々の雑記・雑感… 読書、映画、アニメの感想。

「百合男子」疑惑…(限りなく友情に近い百合)

 

「百合男子」とは…

 仲のよい女の子同士を見ているとスイッチ入っちゃうような作品…これを今は一般的に「百合」と呼ぶようになっています。以前も「セーラームーン」や「ウテナ」などを中心に「女の子同士いいよねー」というのはあったのですが、この漠然とした恋愛なのかなんなのか曖昧な関係にピタリと「百合」の語が当てはまるようになりました。男の子同士が好きなのを「BL」と呼ぶのに対して「GL(ガールズラブ)」と呼ぶこともありますが、もうちょっと幅は広め。ラブから友情よりちょっと深い関係くらいまでひっくるめて今は「百合」と呼ばれています

 

www.excite.co.jp

  

 この「百合」が好きな男子のことを「百合男子」と呼びます。

 

●「もしかして…百合男子?」

 僕がそう思ったきっかけは三つあります。

 一つは、映画『サマリア』に出てくる二人の女子高生を観たときに思わず「いいなぁ~」と思ったこと↓

 

f:id:tunenao:20161005003803p:plain

 

 二人は付き合っているわけではなく、単に仲の良い友達です。「友情」とか「友愛」に近い関係ですね。

 

 二つ目は、『草食系男子の恋愛学』とか『 感じない男』を書いた哲学者の森岡正博さんが、とあるネット番組で「女子高生同士が手を繋いで歩いているのを観て羨ましいなぁと思った…そのような関係は男性同士では絶対に不可能だから…」みたいなことを言っていて、この発言に激しく同感したこと。

 三つ目は、『まどか☆マギカ』にハマったこと。

 

 以上の三つのなかで一番大きかったのは、やはり『まどか☆マギカ』です。今まで『セーラームーン』的なアニメはほとんど観たことがなく、萌え絵はどうにも苦手でした。しかし、『まどか☆マギカ』だけは例外だったのです。ストーリーが女性同士の友情を描いていたので、萌え絵が苦手でも思いっきり感動できる作品でした。

 

「百合」っぽいのは好きだが…百合男子ではない

 そう思うようになったのは、巷にあふれている百合漫画、百合アニメ、百合映画、百合小説、百合ソングなどを一通り物色したからです。特に、レズビアンバイセクシャルの濃密なガールズラブ系は、自分にはハイレベルすぎる。別にダメというわけではないのですが、それだと単なるハードな恋愛ものと変わらないのです。

 また、AKBのようなアイドル系もダメ。SKE48の「片想いFinally」のPVなどは「百合」要素が満載ですが、やっぱりアイドルは無理。理由は秋元康が嫌いだからというのも多分にありますが、AKBが「百合」っぽくなるのは、単に「恋愛禁止」ルールがあるからです。あと、秋元康の作詞に「片想い」が多いのも、単にヲタを釣るためです。 *1

 

単なるプラトニックな「友情萌え」…なのかもしれない

 たぶん『まどか☆マギカ』がたまたま良かっただけであって、どうやら僕は「百合男子」ではなかったというのが結論です。これは非常に残念な結果でした。もし「百合男子」だったら、「百合」ジャンルの膨大なコンテンツだけで向こう10年は困らなかったでしょう。

 致命的だったのは、萌え絵が苦手だということです。これだけで百合漫画のほとんどは対象外になります。加えて、アイドルや濃密にセクシュアルなものもダメということになると、対象範囲は非常に限られます。結局最後に残ったのは、「女性性への憧れのようなもの」と「プラトニックな友情」です。

  

「女性性への憧れ」

 僕は性別「男」、性自認「男性」、性的指向は「ヘテロセクシュアル」です。これは今のところ揺るぎません。しかしその一方で、マッチョイズムや男性性が好きではないのです。「女性になりたい」という願望はありませんが、男性性が好きではないという意味で女性性に対する憧れのようなものがあるのかもしれません。この辺はまだうまく言語化できていませんが…。

 

●萌える「百合」条件(まとめ)

 以上をまとめると、限りなく友情に近い「百合」条件(三つ)になります。

(1)女性同士(二人)  

(2)プラトニックな友情(セクシュアルであってはならない)*2

(3)特別な感情(恋心)はあってもいいが告白してはいけない(片想い) *3

 

*1: 「片想い」を描いたコンテンツは好きだが、秋元康の描く「片想い」には怒りを覚える。ちなみに現代社会は告白主義(好きになったら告白するのがあたりまえ)になってしまったので、「片想い」を描いた映画や小説は衰退している。

*2: 手を繋ぐのは良いがキスはダメだ!

*3: 告白してしまうと友達のラインを壊してしまうため!

 

 

広告を非表示にする