おんざまゆげ

"感受性マイノリティ男子"が綴る日々の雑記・雑感… 読書、映画、アニメの感想など。

【映画】『ラブ&ピース』(園子温 監督)/長谷川博己さんのふざけた演技がいい!

      f:id:tunenao:20161113055156j:plain

 「冷たい熱帯魚」「地獄でなぜ悪い」の園子温監督が奇想天外なストーリー展開で描く笑いと感動の痛快エンタテインメント・ムービー。冴えない主人公が一匹のミドリガメとの運命的な出会いを境に、起死回生のスター街道を驀進していく中で繰り広げられる壮大な愛の物語を、園子温監督こだわりの特撮愛とともに描き出す。主演は「地獄でなぜ悪い」に続いての園作品登場となる長谷川博己。共演に麻生久美子西田敏行 

 ロックミュージシャンを目指すも夢破れて、今は楽器の部品会社でしがないサラリーマンをしている鈴木良一。職場ではいじめられ、想いを寄せる同僚の寺島裕子ともまともに話すこともできない冴えない日々を送っていた。そんなある日、一匹のミドリガメと出会い、ピカドンと名付けて飼い始める。

 しかしピカドンが同僚たちに見つかりバカにされた良一は、彼を泣く泣くトイレに流してしまうのだった。やがて良一はピカドンとの出会いから生まれた新曲が評判となり、念願のメジャーデビューを果たすことに。一方その頃、トイレに捨てられたピカドンは不思議な地下世界へと流れ着き、言葉を話すおもちゃたちと暮らす謎の老人に拾われ。< allcinemaより

 

 

超ミラクル・エンターテインメント映画

 2015年公開の園子温 監督作品。

 主演は長谷川博己さん。

地獄でなぜ悪い』とほぼ同じノリとテーストでかなりふざけた映画です。

 

 

 

「世界一ダメな男」を長谷川博己さんが熱演

 二枚目も三枚目も演じられる長谷川博己さんの魅力が存分に活かされた内容になっています。

 特に前半の「世界一ダメな男」を演じている長谷川さんは最高に面白い。

 西田敏行さんが出てくるあたりから、捨てられた人形やおもちゃ、ペットたちが話したり歌ったりするという、ちょっとメルヘンなテーストに変貌します。

 

 

相棒は「ミドリガメ」の「ピカドン

 園子温監督の鬼才ぶりが炸裂。奇想天外ワールドです。

 園子温監督が好きな人、あるいは、長谷川博己さんのふざけた演技が好きな人は観て損はなし。それ以外の人は観てもつまらないかもしれません。

 

 これがピカドン

f:id:tunenao:20161113055157j:plain

 

  

一瞬でわかる「 長谷川博己」の華麗なる演技史 

 

デフォルト画像 イケメン時代

  f:id:tunenao:20161113055154j:plain

 

 

 

 

セカンドバージン」 2010

f:id:tunenao:20161113055155j:plain

 

 

 

 

鈴木先生」 2011

f:id:tunenao:20161113055200j:plain

 

 

 

 

家政婦のミタ」 2011

f:id:tunenao:20161113055159j:plain

 

 

 

 

地獄でなぜ悪い」 2013

f:id:tunenao:20161113055158j:plain

 

 

 

 

「八重の桜」 2013

f:id:tunenao:20161113055201j:plain

 

 

 

 

 

海月姫」 2014

f:id:tunenao:20161113055204j:plain

 

 

 

 

MOZU」 20142015

f:id:tunenao:20161113055202j:plain

 

 

 

 

 

「ラブ&ピース」 2015年 

f:id:tunenao:20161113055203j:plain

 

 

 

広告を非表示にする