読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おんざまゆげ

"感受性マイノリティ男子"が綴る日々の雑記・雑感… 読書、映画、アニメの感想。

【映画】『アジョシ』/謎めきすぎる無敵おじさん(ウォンビン)が大活躍!

映画 子ども 純愛

f:id:tunenao:20161119065201j:plain

 これが「母なる証明」に次いで復帰2作目となるウォンビンが、ハードなアクションで新境地を見せるサスペンス・アクション。ウォンビン扮する謎めいた近所のおじさん(アジョシ)が、掠われた少女を助けるべく巨大な犯罪組織に敢然と立ち向かう姿を、孤独な少女との切なくも感動的な心の交流を織り交ぜ、リアルかつ迫力のアクションでサスペンスフルに描き出していく。共演は「冬の小鳥」で注目を集めた天才子役キム・セロン。監督は「熱血男児」のイ・ジョンボム。

 

 街の片隅で質屋を営み、人目を避けてひっそりと生きる孤独な男テシク。ところが隣の少女ソミは、そんなテシクを慕い、何かと店に入り浸っていた。迷惑がりながらも、クラブダンサーの母親に構ってもらえず孤独なソミを不憫に思い、冷たく突き放すことができないテシク。ある日、ソミの母親が犯罪組織から麻薬を盗み出したばかりに、母子は組織に狙われることに。組織の男たちは母親が預けたカバンを取り戻そうと質屋にやって来るが、テシクは驚異的な身のこなしで反撃する。しかし、ソミを掠われた上、組織の罠にはまって警察に逮捕されてしまうテシクだったが…。<allcinema

 

 

アジョシ スペシャル・エディション(2枚組) [Blu-ray]

アジョシ スペシャル・エディション(2枚組) [Blu-ray]

 

  

サスペンス・バイオレンス・アクション

 2010年公開。

 主演は韓流スターの「ウォンビン」。

 ケンシロウのような謎めきすぎる無敵のおじさん(ウォンビン)が、不幸で無力で弱き一人の少女ソミ(キム・セロン)を助けるべく奮闘するサスペンス・バイオレンス・アクション。

 

f:id:tunenao:20161119065516j:plain

 

 

『レオン』的モチーフ

「強くて孤独な男」と「無力で弱き少女」という組み合わせは、『レオン』的モチーフなのだが、バイオレンス・アクションとしては『アジョシ』の方が上だと思ってしまうぐらいウォンビンの役作りとアクションは完璧!

 

f:id:tunenao:20161119065500j:plain

 

 

泣ける映画

 なぜそこまでして少女を救おうとする? という疑問は、チャ・テシク(ウォンビン)の「過去」が明らかになれば、おのずとわかる。

 ありきたりな展開なのでオチが分かりきっているのだが、「分かっちゃいるけど泣ける映画」の定番。

 

f:id:tunenao:20161119065628j:plain

 

 

謎めきすぎる「ウォンビン

 この作品以降、映画出演のないウォンビン。なぜなのか——。

 もったいないと思うのだが… 

 

f:id:tunenao:20161119065713j:plain

 

・「ウォンビン」はなぜ映画に出ない…下記参照↓

ウォンビンはなぜ“オリンピック俳優”になってしまったのか

 

 

広告を非表示にする