読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おんざまゆげ

"感受性マイノリティ男子"が綴る日々の雑記・雑感… 読書、映画、アニメの感想。

【映画】『冷たい熱帯魚』/狂気の「でんでん」、覚醒する「吹越」。そして人生は痛い!

映画 生きづらさ

あらすじ

紀子の食卓」「愛のむきだし」の園子温監督が、当時マスコミを賑わせた埼玉愛犬家殺人事件をベースに、ふとしたはずみから極悪非道な男に取り込まれ、後戻りの出来ない深い闇の世界へと落ちていく主人公の姿を、ブラックユーモアを散りばめつつ鮮烈に描き出す衝撃の問題作。主演は「ちゃんと伝える」の吹越満、共演にTV「湯けむりスナイパー」のでんでん。

f:id:tunenao:20161217121323j:plain

 2009114日。小さな熱帯魚屋を経営する社本信行とその妻・妙子は、万引で捕まった娘・美津子を引き取りにスーパーへと向かう。すると、その場に居合わせた店長の知り合いという村田幸雄の取りなしで、美津子は何とか無罪放免に。村田も熱帯魚屋のオーナーだったが、規模は社本の店とは比べものにならないほど大きなものだった。

 人の良さそうな村田は、美津子を自分の店で預かってもいいと提案、継母である妙子との不仲に頭を痛めていた社本は、その申し出を受入れることに。さらに村田は、高級熱帯魚の繁殖という儲け話にも社本を誘い込む。その口の上手さと押しの強さを前に、いつの間にか村田のペースに呑み込まれてしまう社本だったが。<allcinema

 

冷たい熱帯魚 [DVD]

冷たい熱帯魚 [DVD]

 

 

「クライム・バイオレンス・スプラッター」映画

 鬼才 園子温 監督作品 。2011年公開。

「埼玉愛犬家殺人事件」がベースになっているらしいが、かなり換骨奪胎されている。

 というか、100%監督のオリジナルといっていい。

 この映画を観る人はグロ映像満載なので要注意。死体処理の場面がかなり詳細に描かれており、鼻歌を歌いながら楽しそうに死体を切り刻んだりしている

 

(鬼才! 園子温監督)

f:id:tunenao:20161217122204j:plain

 

 

狂気の「でんでん」覚醒する「吹越」

 でんでんが狂気のオヤジを演じている。

 そして後半、吹越満鬼畜に覚醒。

  鬼畜になった吹越が最後に叫ぶ!

 

人生ってのはなぁ! 痛いんだよ!

 そう、人生は痛い。

 しかし、痛みは人に伝わらない。

 この映画は、何とかそこを突破しようと試みる。痛みを忌避し、無痛化した社会のなかで安穏と暮らしている無痛化人間(覚醒前の吹越のような男)に、痛烈なショックを与える。

 

熱帯魚店を経営するでんでん。

f:id:tunenao:20161217122545j:plain

 

 

狂気のおじさんを熱演したでんでん。

一見そのへんのパチンコ屋にいそうな普通のおじさんに見えるが…

その普通さのリアルが恐怖に変わる。

f:id:tunenao:20161217115013p:plain

 

 

  

覚醒前の吹越。弱々しい頼りなげな男。

f:id:tunenao:20161217115015p:plain

  

 

 

 

覚醒後の吹越。

f:id:tunenao:20161217115016p:plain

 

 

 

 「人生ってのはなぁ! 痛いんだよぉ!」と叫ぶ吹越。 

f:id:tunenao:20161217115014p:plain

 

 このシーンで注目してほしいのは「痛いんだよぉ!」と言うときの抑揚のつけ方。

 吹越は青森県出身のため「方言」が出たのか(方言説)、それとも吹越の考え抜かれた演技なのか(演技説)、あるいは監督の演出なのか(演出説)……。 

 日本映画史に残る名シーンなだけに謎は深まる。

 

 

 

 

 

広告を非表示にする