読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おんざまゆげ

"感受性マイノリティ男子"が綴る日々の雑記・雑感… 読書、映画、アニメの感想。

田中ひろみ『わたしがナースを辞めたわけ』/「白衣の天使」は天使じゃない!

「看護婦になって手に職を付けよう」そう簡単に考えた著者は、大阪の看護学校から東京の病院に就職した。そして希望の消化器内科に配属になったが…。

 当時その消化器内科は、「魔の病棟」と恐れられていたところだった。そこで彼女を待ち受けていたものは?  ドジでおまけに根性なし。叱られまくった新人ナースの、なぜか笑える病棟エピソード。 

Amazonより)

 

わたしがナースを辞めたわけ (知恵の森文庫)

わたしがナースを辞めたわけ (知恵の森文庫)

 

 

ナース」のリアル

 著者は神聖化され聖職というイメージの強い看護師イメージ(=白衣の天使)にメスを入れる。単に手に職をつけたいとか夢や憧れ(人の役に立ちたい)という安易な動機だけでは看護師の職務は務まらない。

 既存の看護師イメージを瓦解せしめるために、暴露本的な形式を帯びており、先輩看護師、患者、医師などに対する悪口がたくさん書かれている。そういう意味では著者自身も言っている通り、単なる愚痴本のようにも読める。

 だが、これから看護師を目指す人にとっては良い参考(踏絵)になると思う。

 この本を読んでも看護師になりたいという人がいるとしたら、それは相当な目的意識をもった人に違いない。そういう人にこそ看護師になってほしい。著者のメッセージはここにある。

 

看護師=「白衣の人間」だ!「ナースのイメージと実際」イラストに共感する?しない? 」より

f:id:tunenao:20170217135653j:plain

www.kango-roo.com

広告を非表示にする