おんざまゆげ

"感受性マイノリティ男子"がつづる日々の雑記・雑感… 読書、映画、アニメの感想など。

【小説】『コンビニ人間』村田沙耶香 / ロボットみたいな女の子がコンビニで働くコメディ小説

第155回芥川賞受賞作!

 

36歳未婚女性、古倉恵子。

大学卒業後も就職せず、コンビニのバイトは18年目。これまで彼氏なし。

 

オープン当初からスマイルマート日色駅前店で働き続け、 変わりゆくメンバーを見送りながら、店長は8人目だ。

 

日々食べるのはコンビニ食、夢の中でもコンビニのレジを打ち、 清潔なコンビニの風景と「いらっしゃいませ!」の掛け声が、 毎日の安らかな眠りをもたらしてくれる。

 

仕事も家庭もある同窓生たちからどんなに不思議がられても、 完璧なマニュアルの存在するコンビニこそが、 私を世界の正常な「部品」にしてくれる――。

 

ある日、婚活目的の新入り男性、白羽がやってきて、 そんなコンビニ的生き方は 「恥ずかしくないのか」とつきつけられるが……。

 

現代の実存を問い、 正常と異常の境目がゆらぐ衝撃のリアリズム小説。

[アマゾンより]

 

コンビニ人間

コンビニ人間

 

 

続きを読む

【50%OFF】Kindle本 おすすめ厳選 100冊 / 7月17日(火)23時59分まで開催中

 只今Kindle本の50%OFF以上セールが開催中です。

 期間は2018年7月3日(火)00時00分~2018年7月17日(火)23時59分まで。

 対象タイトル30,000点以上です。

 そのうちおすすめの厳選100冊を以下でご紹介いたします。

  • 哲学
  • 歴史
  • 文学・エッセイ
  • 自己啓発・人生論・自伝
  • 社会問題
  • 憲法
  • 経済
  • 戦争
  • サイエンス
  • おたく・趣味
  • 犬&猫

 

続きを読む

【新刊】興味ありがちな新刊(新書・選書 編)/6月新刊

6月の新刊(新書・選書)チェックです。

 選定ルールは、

 ・6月に出版された興味ありがちな新書・選書

続きを読む

『いのちの食べかた』森達也/まずは「知ること」が大切!

 本書は2005年に刊行された「よりみちパン!セ」という有名なシリーズの一冊。

*1

いのちの食べかた (よりみちパン!セ)

いのちの食べかた (よりみちパン!セ)

 

 

*1: ちなみに「よりみちパン!セ」のコンセプトは《寄り道は、ハッピーに生きるための近道》というものである。

 著者の森達也さんは本書の最後に次の言葉を残している。

 ゆっくり歩こう。いろいろ悩みながら。いろいろ考えながら。いろいろ眺めたり、発見したり、ため息をついたりしながら。どうせゴールなんて、そんなに変わらない。

 

続きを読む