おんざまゆげ

"感受性マイノリティ男子"が綴る日々の雑記・雑感… 読書、映画、アニメの感想など。

雨宮処凛『生きさせる思想―記憶の解析、生存の肯定』/単なる「労働運動」から「労働/生存運動」(生きさせる思想)へ

「生きさせる思想」とは…

 雨宮処凛さんと小森陽一さんとの対談本。
 前半は雨宮さんの個人史がテーマになっています(記憶の解析→雨宮さんを苦しめていた「生きづらさ」はいったい何に由来するものだったのか。 )
 自分自身を責めつづける方向(リストカット)から社会的な構造問題(労働/生存問題)へとシフトしていく過程が詳細に語られています。

 

生きさせる思想―記憶の解析、生存の肯定

生きさせる思想―記憶の解析、生存の肯定

 
続きを読む

赤木智弘『若者を見殺しにする国』/「人が死ななくても変われる社会」はいつ来るのか

論座」(2007年1月号)に寄稿した論文「『丸山眞男』をひっぱたきたい~31歳フリーター。希望は、戦争。」収録の文庫版。 

若者を見殺しにする国

若者を見殺しにする国

 

 

続きを読む

『顔ニモマケズ』ーどんな「見た目」でも幸せになれることを証明した9人の物語/「見た目問題」固有の困難は「障害」である

「視線のとまどい」 

 彼らに見つめられると、心の中に言葉にならない感情が生まれる。

 まっすぐに見つめ返すと、傷つけてしまうのではないか。

 かといって、急に目をそらすのも失礼だ。

 視線をどこに向けたらよいのか分からない戸惑いと葛藤。

 病気やケガによって、普通とは異なる顔を持った人たちがいる。

 でも普通って何だろう?

 普通の顔と普通でない顔の違いはどこにあるのだろう?

 そして彼らの視線は、私たちに何を問いかけているのだろう。

ユニークフェイスの戦い」より

 

顔ニモマケズ ―どんな「見た目」でも幸せになれることを証明した9人の物語

顔ニモマケズ ―どんな「見た目」でも幸せになれることを証明した9人の物語

 

 

続きを読む